Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

函館工業高専、公開講座申込者名簿をHP上で誤って公開

函館工業高等専門学校は、同校が開催した公開講座の申込者210名の個人情報を含む名簿が、担当者の操作ミスにより誤ってウェブサイト上で公開されていたことを明らかにした。

誤って公開されていた名簿には、同校において2006年5月13日から8月4日までに開講された10講座に申し込んだ201名の氏名、住所、電話番号、性別、受講講座名などが含まれていた。2月26日に、受講者の保護者より名簿がインターネット上に公開されているとの指摘があり判明した。

原因はデータ転送時の人為的ミスと判明。2006年8月2日に、同校教員が公開講座の実施状況をホームページ上にアップロードする際、誤って名簿も一緒に転送したという。

同校では対策本部を設置して名簿の削除し、検索サイト上にキャッシュとして保存された情報の削除を依頼した。該当する受講者に対し説明と謝罪をしたとしている。

(Security NEXT - 2007/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装