Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JAL客室乗務員の個人情報が流出 - 本人同意なく収集した情報も

日本航空最大の労働組合であるJAL労働組合から客室乗務員の個人情報が記載されたリストの外部流出が判明した。

同組合によれば、流出したと見られるリストは数年前のもので、組合員への連絡などを円滑に行う目的で管理されていたものだと説明している。リストには客室乗務員約7000名の氏名、住所、電話番号、所属、社員番号などが含まれている。

一方で本人の同意を得ていない情報の記載や、支持政党や病歴、容姿、交友関係などの情報を組合員経由で収集されていたことが指摘されており、週刊朝日が、27日発売の3月9日号で「JAL客室乗務員9000人 驚愕の個人情報」との記事を掲載するなど波紋を呼んでいる。

同組合では、これらのデータは個人情報保護法の施行以前に会社から入手したものとしつつも、調査終了後には保持しているすべてのデータを破棄する方針だ。運営に必要な情報については法律に基づいた手続きを取ったうえで、改めて会社に提供を依頼するとしている。

(Security NEXT - 2007/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円