Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「インターネット上の治安に不安」40.1% - 前回調査の約2倍に

インターネット上の治安や犯罪などを不安に感じている人が大幅に増加していることが内閣府の調査によりわかった。

内閣府が全国3000人を対象に治安に関する調査を実施したもので、有効回収を2097人。アンケートを見ると、不安になる場所としてインターネット空間とする回答が40.1%に上り、前回2004年7月に実施した調査結果の19.1%より大幅に上昇。路上(60.2%)や繁華街(44.7%)に次ぐ3位となった。

インターネットを利用した犯罪が増えていると感じている人も43.6%に上り、インターネット犯罪を不安とする回答が24.2%から39.9%へ増加している。

情報セキュリティに関する情報が求める声も前回調査から10.7ポイント増加し、26.7%と約4分の1に達し、インターネット犯罪対策を望む声は32.8%と3割を超える結果となった。

(Security NEXT - 2007/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ローン申込者の顧客情報を「OpenChat」へ誤投稿 - LINE Credit
PINコード設定求める偽MSメールに注意 - サイトは使い回し
クレカ会員向けサービスにPWリスト攻撃、ポイント交換も - ジャックス
アロマオイル通販サイトに不正アクセス - 偽画面からクレカ情報詐取
「Chrome」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
「Android 10」に対応したセキュアコーディングガイド新版
「Firefox 69.0.1」が公開、通知なしにポインタロックできる問題へ対処
オーナー情報を提携業者に誤って提供 - ミサワホーム
育児出産情報サイトにPWリスト攻撃 - ポイント不正交換か