Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル交換ソフト経由で顧客情報がネット上に流出 - NTT西

NTT西日本の顧客情報232件を含む業務情報が、ファイル交換ソフトを介してネット上に流出していたことがわかった。

同社名古屋支店の取引先であるアジャストの業務委託先から流出したもの。委託先従業員の私用パソコンがウイルスに感染し、ファイル交換ソフトを介してデータが漏洩した。

流出したデータには、愛西市や清須市、津島市、稲沢市、海部郡、西春日井郡など、2004年5月28日から同年11月30日の間に、パソコンセットアップの申し込みを行った愛知県内の個人や法人など232件の顧客名、住所、電話番号などが含まれていた。同社では、該当する顧客に対し謝罪の書面を送付する。

NTT西やアジャストは、関連会社について社内外のパソコンについて、業務関連情報の保管状況を確認し、削除などを進めていたという。今回の事故を受け、再調査の実施など関係会社における情報管理の厳格化を実施するとしている。

(Security NEXT - 2007/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「パスワード 1個ばれたら 俺終わる」啓発コンテストの受賞作発表 - マカフィー
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集