Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル交換ソフト経由で顧客情報がネット上に流出 - NTT西

NTT西日本の顧客情報232件を含む業務情報が、ファイル交換ソフトを介してネット上に流出していたことがわかった。

同社名古屋支店の取引先であるアジャストの業務委託先から流出したもの。委託先従業員の私用パソコンがウイルスに感染し、ファイル交換ソフトを介してデータが漏洩した。

流出したデータには、愛西市や清須市、津島市、稲沢市、海部郡、西春日井郡など、2004年5月28日から同年11月30日の間に、パソコンセットアップの申し込みを行った愛知県内の個人や法人など232件の顧客名、住所、電話番号などが含まれていた。同社では、該当する顧客に対し謝罪の書面を送付する。

NTT西やアジャストは、関連会社について社内外のパソコンについて、業務関連情報の保管状況を確認し、削除などを進めていたという。今回の事故を受け、再調査の実施など関係会社における情報管理の厳格化を実施するとしている。

(Security NEXT - 2007/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

県立高校で生徒個人情報含むUSBメモリを紛失 - 静岡県
本人確認記録書が所在不明、一部店舗では誤廃棄を確認 - みちのく銀
注意喚起で掲載した架空請求ハガキに個人情報 - マスキング不十分で
米政府、北朝鮮関与攻撃グループに経済制裁措置
リコー製プリンタや複合機に複数のRCE脆弱性 - アップデートがリリース
顧客情報最大6.7万件が保存されたPCを紛失 - ゼットン
「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測
2019年上半期の「ファイルレス」攻撃、前年同期比3.6倍に
北朝鮮関与「HIDDEN COBRA」のツールに新亜種 - 米政府が情報公開
要件定義のノウハウまとめたIPA資料に改訂版 - 成功事例も