Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託運輸業者の盗難事件で顧客情報を紛失 - イチネン

リース事業などを手がけるイチネンは、12月23日に委託先の運送会社において盗難事件が発生し、同社の顧客情報を持ち去られたと発表した。

12月23日21時ごろに西濃運輸に何者かが侵入し、同社が受託した荷物を盗んだもので、持ち去られた荷物の中に同社が信販会社へ送付したフロッピーが含まれていた。フロッピーには、「車両リース料引落しデータ」が記録されており、銀行口座に関する情報や請求金額など187件の法人顧客の情報と10件の個人情報が保存されていたという。

現在、警察による捜査が進められている。同社では、今後データの取り扱いについてインターネットの活用やデータの暗号化など取り組みたいとしている。

(Security NEXT - 2007/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

10月中旬ごろよりAVTECH製カメラの脆弱性狙うアクセス - Miraiボット亜種か
政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集
「Symfony」のフォームコンポーネントに脆弱性 - アップデートがリリース
ゲームグッズ通販サイトでクレカ情報流出 - 流出済情報の有効性確認と見られる痕跡も
戸籍謄本など不正入手、職員を懲戒免職 - 東京都
マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデート、12月11日にリリース予定
農業求人サイトに不正アクセス、情報流出の可能性 - スパムや不審郵便物届く
ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
監視やインシデント対応の自動化支援サービス - NRIセキュア