Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報の漏洩対策などチェック項目に盛り込む - 金融検査マニュアル改訂案

金融庁は、「預金等受入金融機関に係る検査マニュアル(金融検査マニュアル)」の改訂案取りまとめ、意見募集を開始した。

同マニュアルは、法令遵守や信用リスク、市場リスク、流動性リスクなど、銀行などの金融機関を検査するためのマニュアル。従来は、法令遵守を基本として経営管理体制や預金者保護、市場リスクへの対策を中心としており、改定案では国際ルールである新自己資本比率規制「バーゼルII」へ対応する。

また、セキュリティや顧客への苦情対応などをチェック項目を用意してきたが、今回の改訂案では、顧客保護管理体制の整備という観点からチェック項目を充実させ、金融機関内だけでなく委託業者を含めた顧客情報の管理、漏洩対策などの個人情報管理体制の強化を求める。

意見は郵便やファックス、インターネットで受け付ける。締め切りは2007年1月26日まで。

(Security NEXT - 2006/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
個人情報保護委、「Privacy Awareness Week」を実施 - 啓発活動を展開
理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起