Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報の漏洩対策などチェック項目に盛り込む - 金融検査マニュアル改訂案

金融庁は、「預金等受入金融機関に係る検査マニュアル(金融検査マニュアル)」の改訂案取りまとめ、意見募集を開始した。

同マニュアルは、法令遵守や信用リスク、市場リスク、流動性リスクなど、銀行などの金融機関を検査するためのマニュアル。従来は、法令遵守を基本として経営管理体制や預金者保護、市場リスクへの対策を中心としており、改定案では国際ルールである新自己資本比率規制「バーゼルII」へ対応する。

また、セキュリティや顧客への苦情対応などをチェック項目を用意してきたが、今回の改訂案では、顧客保護管理体制の整備という観点からチェック項目を充実させ、金融機関内だけでなく委託業者を含めた顧客情報の管理、漏洩対策などの個人情報管理体制の強化を求める。

意見は郵便やファックス、インターネットで受け付ける。締め切りは2007年1月26日まで。

(Security NEXT - 2006/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず