Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

利用者に負担を考えない安全なネット環境技術「Secure Service Platform」

日立製作所、インターネットイニシアティブ、KDDI研究所、KDDI、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ、NEC、富士通の7社は安全なインターネット環境を実現する技術「Secure Service Platform」を開発した。

今回の発表は、2004年度に総務省から委託を受けて研究を進めていた「高度ネットワーク認証基盤技術に関する研究開発-認証機能を具備するサービスプラットフォーム技術」の研究を進めており、その成果となる。

今回発表された技術では、認証などの機能をネットワーク側で集中管理することで、利用者に負担をかけずに安全なネットワーク環境を目指しており、ネットワークにより利用者を認証する「ネットワーク仲介型認証技術」や、権限に合わせて通信を制御し、アクセス制御を行う「リアルタイム適応アクセス技術」などが含まれる。

また、ネットワーク回線を利用者に適合させ、通信状態のログなどを記録する「通信コーディネーション技術」や利用者が利用サービスから個人を特定されないよう個人情報保護の技術についても盛り込まれた。

安心・安全インターネット推進協議会の協力により2007年1月15日から19日(17日を除く)6カ所で一般公開し、実証実験を実施する予定。

(Security NEXT - 2006/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

人材育成でNEC、日立製作所、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性