Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフト、12月の月例パッチ予告 - 「緊急」含む6件

マイクロソフトは、12月の月例パッチの予告を行った。13日にリリースが予定されている。

リリースが予定されているのは、Windowsに影響を及ぼす深刻度「緊急」を含む5件。およびVisual Studioに関する深刻度「緊急」の脆弱性1件。計6件の公開を予定している。

また同社では、セキュリティ以外の優先度の高い更新プログラムとして、Windows UpdateおよびSoftWare Update Servicesで4件、Microsoft UpdateおよびWindows Server Update Servicesで10件の更新プログラムを公開する予定。

(Security NEXT - 2006/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

洋菓子通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
偽画面にだまされ、個人情報流出の可能性 - 東京防災救急協会
登録セキスペ制度が一部改正 - 3年更新を必須に
都議会議員メルアカが乗っ取り被害 - スパムの踏み台に
「Chrome 79」では深刻な脆弱性2件含む51件の修正を実施
KeyWe製スマートロックに深刻な脆弱性 - 更新未対応で修正できず
口座情報含む資料をファックスで誤送信 - JA高知県
PR TIMESで障害、プレスリリース9本配信できず
みずほ銀装うフィッシング - クリスマスキャンペーン画像まで盗用
MS月例パッチが公開、脆弱性35件を修正 - 一部ですでに悪用も