Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、Vista対応ウイルス対策ソフトをリリース - P2Pソフトの検出、管理も可能

ソフォスは、マイクロソフトの最新OS「Windows Vista」に対応したセキュリティ対策ソフトの最新版「Sophos Anti-Virus for Windows Vista 6.5」を発売した。

同ソフトは、ウイルスやスパイウェアの検知および駆除、未知の脅威への対策、不要アプリケーションの管理などを実現するセキュリティ対策ソフト。今回の最新版から、次期OSであるWindows Vistaをサポートする。

ウイルスやスパイウェア、不正プログラムなどの駆除、管理機能のほか、インスタントメッセージやP2Pソフトなど、業務上不要でセキュリティに悪影響があると思われるアプリケーションを管理する「アプリケーションコントロール機能」を備える。

また、振る舞いを検知することで未知の脅威からコンピュータを守る機能「Behavioral Genotype Protection」や、「Enterprise Console」によりネットワーク上のすべての端末に同ソフトを一括インストールし、設定や管理を行う集中管理を行うことが可能。

価格は、100ユーザー利用の場合で年間ライセンスが1ユーザーあたり3980円。「Sophos Anti-Virus for Windows Version 6.0」の既存ユーザーは、追加料金なしでアップデートできる。

(Security NEXT - 2006/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

生徒写真公開ページURLと閲覧用PWを誤送信 - 大阪府
三菱電機の制御機器向けネットワークインタフェースにDoS脆弱性
未成年スマホのフィルタリング使用率は4割 - 9.5ポイント減
スマホセンサーの誤差修正情報から端末を識別、追跡する「SensorID」攻撃が明らかに
政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大
クレカ不正発生、1月中旬以降300分の1以下に - PayPay
アンケートサービスに不正アクセス - 登録された個人情報が流出
著作権侵害コンテンツの削除申請を支援するサービス