Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CPI、承認機能などを強化した「TotalSecurityFort」を発売

シーピーアイは、台湾のFineArt Technologyが開発したセキュリティソフト「TotalSecurityFort バージョン3.8.6」を11月1日より発売する。

同製品は、システム管理をはじめ、クライアントやネットワークセキュリティ、資産管理、暗号化、外部メモリへの書き出し、リモート機能、ログ保存など、12種類のモジュールが用意されたセキュリティ対策ソフト。企業の環境に合わせて構築でき、組織や個人ごとにセキュリティポリシーを設定できる。

最新版では、ユーザーの操作権限を与える承認機能やプログラムやウェブサイトの制御を強化。また、無線LAN端末や音声デバイスの制御、CDやDVDの書込機能などを搭載した。

(Security NEXT - 2006/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート