Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本CA、個人向けセキュリティソフトの最新版「CA 2007」シリーズを発売

日本CAは、コンシューマー向け総合セキュリティ対策ソフトの最新版「CA インターネット セキュリティ スイート 2007」を、10月6日より発売する。ダウンロード版はすでに提供を開始している。

同製品は、同社の従来シリーズである「eTrust」シリーズの後継にあたる総合セキュリティソフト。「CA アンチウイルス 2007」、「CA アンチスパイウェア 2007」、「CA アンチスパム 2007」、「CA パーソナルファイアウォール 2007」の機能を搭載しており、インターネット上のあらゆる脅威に対応する。

新機能として、自動で検出されたセキュリティ上の問題点を1クリックで修復する「今すぐ解決ボタン」が追加された。また、最新のセキュリティ脅威に関する情報、新種のウイルス、スパイウェア情報をリアルタイムに表示する「アウトブレーク機能」や、製品情報などを表示する「お役立ち情報機能」なども追加された。

また、データのバックアップや、アプリケーションの環境設定の移行を実現する「CA デスクトップ DNA マイグレーター 2007」をバンドルしたプレミアム版も提供される。価格は8800円。なお、「CA アンチウイルス」「CA アンチスパイウェア 2007」「CA デスクトップ DNA マイグレーター 2007」は単独でも提供される。

(Security NEXT - 2006/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意