Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ベクター、ウイルス感染によりソフトのダウンロードを一時停止 - 順次再開中

オンラインソフトなどを提供するポータルサイトのベクターは、同社ポータルサイトにて提供するソフトへウイルスが感染したおそれがあるとして、ダウンロードサービスを一時停止した。安全性が確認されたものから順次再開している。

同社によれば、9月27日の11時ころ、社内ネットワークおよびPCのウイルス感染を確認。公開用サーバにおいたファイルへ感染した可能性があることが判明した。そのため、ソフトの安全性が確認されるまで、ライブラリおよびショップでのダウンロードを一時停止した。

発見されたウイルスは、今月はじめに登場した「Win32/Viking.AU」。同ウイルスは、ネットワーク上の共有フォルダの実行ファイルを経由して拡散し、PCに感染した場合、拡散しポートを開くなど被害を与えるとしてセキュリティベンダーなども注意を促している。

その後安全性が確認されたものから、順次ダウンロードを再開している。28日12時10分時点で、ライブラリの83%、ショップの74%で安全が確認され、ダウンロードが再開されているという。

(Security NEXT - 2006/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

源泉所得税の振込依頼書を紛失、徴収漏れも発生 - 大阪市
「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか