Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ベクター、ウイルス感染によりソフトのダウンロードを一時停止 - 順次再開中

オンラインソフトなどを提供するポータルサイトのベクターは、同社ポータルサイトにて提供するソフトへウイルスが感染したおそれがあるとして、ダウンロードサービスを一時停止した。安全性が確認されたものから順次再開している。

同社によれば、9月27日の11時ころ、社内ネットワークおよびPCのウイルス感染を確認。公開用サーバにおいたファイルへ感染した可能性があることが判明した。そのため、ソフトの安全性が確認されるまで、ライブラリおよびショップでのダウンロードを一時停止した。

発見されたウイルスは、今月はじめに登場した「Win32/Viking.AU」。同ウイルスは、ネットワーク上の共有フォルダの実行ファイルを経由して拡散し、PCに感染した場合、拡散しポートを開くなど被害を与えるとしてセキュリティベンダーなども注意を促している。

その後安全性が確認されたものから、順次ダウンロードを再開している。28日12時10分時点で、ライブラリの83%、ショップの74%で安全が確認され、ダウンロードが再開されているという。

(Security NEXT - 2006/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MSS選定ガイドラインVer.2.0を公開 - ISOG-J
サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
セキュキャン、応募課題を先行公開 - 応募期間短く注意
スマートホーム向けセキュリティ対策GLでパブコメ - 経産省
JSSEC、セキュリティフォーラムをオンライン開催
寝具通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
卒業証明に利用する台帳が所在不明 - 横浜市の小学校
活動再開のEmotet、2月以前に窃取したメール情報を悪用するケースも
2020年2Qの「標的型攻撃メール」は87件 - いずれも「BEC」
メールサーバが踏み台に、約25万件の迷惑メール - パーソルP&T