Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

杉並区、防犯メールに電子証明書を活用 - なりすましや改ざんを防止

杉並区は、8月1日より同区が発行する防犯メールに電子署名を活用する。

同区危機管理対策課が発行している「杉並区子ども見守り情報」「杉並区空き巣・ひったくり情報」で電子署名を採用したもの。メールの信頼性を高め、なりすましや改ざん、フィッシング詐欺といったことを防止するのが狙い。

電子証明書を確認するためには、S/MIME対応のメールソフトが必要で、携帯電話には未対応。今回、電子証明書にはビートラステッド・ジャパンの「SureMail」を採用した。

電子証明書を提供するビートラステッドは、「情報の即時性という観点から携帯電話での受信者も多い。今後の携帯電話メールでの電子署名対応が期待される」とコメントしている。

(Security NEXT - 2006/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
フロント企業で人材確保していた「FIN 7」 - リーダー逮捕後も活動継続
M2M向けSIMを活用したPCリモート消去ソリューション
「Office 365」の監視サービス - NECソリューションイノベータ
「CRYPTRECシンポジウム2019」が7月に開催
税額決定通知書を異なる事業者へ誤送付 - 大阪市