Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

杉並区、防犯メールに電子証明書を活用 - なりすましや改ざんを防止

杉並区は、8月1日より同区が発行する防犯メールに電子署名を活用する。

同区危機管理対策課が発行している「杉並区子ども見守り情報」「杉並区空き巣・ひったくり情報」で電子署名を採用したもの。メールの信頼性を高め、なりすましや改ざん、フィッシング詐欺といったことを防止するのが狙い。

電子証明書を確認するためには、S/MIME対応のメールソフトが必要で、携帯電話には未対応。今回、電子証明書にはビートラステッド・ジャパンの「SureMail」を採用した。

電子証明書を提供するビートラステッドは、「情報の即時性という観点から携帯電話での受信者も多い。今後の携帯電話メールでの電子署名対応が期待される」とコメントしている。

(Security NEXT - 2006/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」