Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インターネット利用者の84%が迷惑行為の被害経験 - トレンドマイクロ調査

インターネットを利用した際、84%の利用者が何らかの迷惑行為の被害経験があることがトレンドマイクロの調査によりわかった。

今年3月にトレンドマイクロが18歳以上の一般利用者を対象にアンケート調査を実施し、明らかになったもの。調査によれば、スパムやポップアップ広告など84%の利用者が迷惑行為を受けた経験があると回答。さらに、回答のなかには、口座番号が詐取され、預金が引き出された例もあったという。

また、セキュリティ対策ソフトの導入状況では、約3人に1人が対策を行っておらず、「定義ファイル」を理解しているユーザーは35%に留まった。しかも、それらユーザーの48%しか毎日自動更新を行っていない状況が判明したという。

調査を実施したトレンドマイクロでは、日々新種のウイルスが登場しており、パターンファイルを定期的に更新し、最新のパターンファイルを使用することが重要として、今後も啓蒙活動を進めていきたいとしている。

(Security NEXT - 2006/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
個人情報保護委、「Privacy Awareness Week」を実施 - 啓発活動を展開
理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起