Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

危険回避方法は利用停止のみ - Winnyに脆弱性

情報処理推進機構(IPA)は、ファイル交換ソフトWinnyに脆弱性があると発表した。脆弱性を攻撃された場合、コンピュータが異常終了したり、第三者に乗っ取られる可能性がある。

ファイル交換ソフトのWinnyは、暴露ウイルスなどに感染した場合、情報漏洩の原因になるとして、政府やセキュリティベンダーなどが警告を発していたが、今回発見された問題はWinnyそのもの脆弱性で、通信処理においてバッファオーバーフローの可能性があるという。

今回の脆弱性に対して開発者は回避方法を明らかにしていないため、同機構では、今回の脆弱性を防ぐ方法は「利用の中止」であるとして注意を促している。

削除にあたっては、自分のアカウントだけでなく、ユーザーごとに作業を行うようアナウンスしているほか、セキュリティベンダーが公開している対策ツールを紹介している。

JVN#74294680:「Winny」におけるバッファオーバーフローの脆弱性
http://www.ipa.go.jp/security/vuln/documents/2006/JVN_74294680_winny.html

情報処理推進機構
http://www.ipa.go.jp/

(Security NEXT - 2006/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生