Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Yahoo!インターネット検定、知的財産Web検定を開始

ヤフーは、Yahoo!インターネット検定において、知的財産に関する知識を問う「知的財産Web検定」を開始した。

同検定は、知的財産教育協会公認の認定試験。ネットオークションやホームページ、ブログの公開など、インターネットを利用する際に必要な知的財産に関する知識や理解度を問う。「入門編」、「オークション編」、「ホームページ編」、「総合編」の4種類が用意。著作権法や商標法、不正競争防止法などの領域から出題される。

入門編を除き、合格者にはオンライン認定証が発行される。これを公開することで、オークションの取引相手などに提示することができる。総合編の合格者には、「認定カード」も郵送される。

受験料は入門編が無料。オークション編およびホームページ編は1500円。総合編は3000円となっている。

(Security NEXT - 2006/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大