Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

地方公共団体の情報セキュリティ支援ツールを公開 - 総務省

総務省は、「地方公共団体の情報セキュリティレベルの評価に係る制度の在り方に関する調査研究報告書」をまとめ公開した。

同省では、地方公共団体の情報セキュリティレベルの評価に係る制度の在り方に関する検討会を2005年6月に設置、地方公共団体の情報セキュリティレベルを客観的に評価や目標を示し、対策を支援するため、活動している。

今回の報告書は、昨今の情報漏洩や不正アクセス事件、またセキュリティポリシーが正しく運用されていない背景などを踏まえ、セキュリティ対策における現状の把握と、今後中長期の目標設定を支援するためのもの。評価ツールを提供しており、6分野38項目の評価に基づき、具体的な改善計画の策定に活用できる。

(Security NEXT - 2006/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
フロント企業で人材確保していた「FIN 7」 - リーダー逮捕後も活動継続
M2M向けSIMを活用したPCリモート消去ソリューション
「Office 365」の監視サービス - NECソリューションイノベータ
「CRYPTRECシンポジウム2019」が7月に開催
税額決定通知書を異なる事業者へ誤送付 - 大阪市