Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「日本ブログ協会」サイトに一時セキュリティ上の不具合

日本ブログ協会は、同協会サイトにセキュリティ上の脆弱性があったとし、同ページで実施していた会員登録を一時中止した。

登同協会によれば、同サイトは2月28日14時にオープンし、同時に会員の募集を開始。しかし、同日20時30分に登録フォームにセキュリティ上の問題があるとの指摘があったという。同協会が調査を実施した結果、個人情報を含むファイルが外部より閲覧可能である不具合が判明し、22時19分に募集を中止した。

同協会では、アクセス履歴の内容から個人情報の漏洩はなかったとしている。また、メールにて個別に事情を説明、謝罪する。

同協会では、登録フォームについて不具合の修正を実施し、セキュリティ上の問題がないか確認を勧めている。また、現在、メールによる会員登録を受け付けている。

日本ブログ協会
http://www.fmmc.or.jp/japan-blog/

(Security NEXT - 2006/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

オンラインゲーム「Identity V」、アンケートメールで送信ミス
職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か