Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

福岡中央銀行、6支店で顧客情報記載の内部書類を紛失

福岡中央銀行は、6支店において、2985名分の顧客情報が記載された内部資料の紛失が判明したと発表した。

同行によれば、所在が不明となっているのは税金などの納付事務に用いられる銀行の控え書類。6支店で合わせて2985名分の顧客情報が記載されており、氏名、住所、納付金額などが含まれていた。一定期間行内で保存されるべきものだが、全店で保存状況を確認した結果、一部紛失が判明した。

その後の調査により、保存期間を誤って記入したなどの理由により、行内で廃棄した可能性が高いことがわかったという。また、紛失による納付手続きへの支障はない。

同行では、顧客情報の管理を強化するなど、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず