Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通、ウイルス感染により顧客情報がネット流出

富士通は、同社従業員が所有する私用パソコンがウイルスに感染し、問い合わせをした顧客1950名の個人情報がインターネット上に流出したと発表した。

同社コールセンターの従業員のパソコンから流出したもの。同社では、同コールセンターが保有するデータベースファイルであることを否定、業務のために従業員が個人的に作成されたファイルであるとしている。

同社によれば、流出した情報は、2003年4月から2004年8月までの間に、「富士通パーソナル製品に関するお問い合わせ窓口」へ問い合わせをした顧客1950名のカタカナ氏名、および電話番号など。

該当する顧客に対して個別に事実説明と謝罪をしたという。また、今後は顧客情報の持ち出し禁止をさらに強化するなど、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン
制御システムリスク分析ガイドが改訂 - 工数削減や解説拡充を実施
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
「FFIEC CAT」用いた金融機関向けセキュリティ監査サービス
即売CDの予約票控えを紛失、配送できない状態に - ローソン子会社
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か