Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北九州市、ビジネス講座の運営委託先が受講者の個人情報を紛失

北九州市は、12月10日に、若年雇用の支援を目的としたビジネス講座の運営委託先において、受講生53名分の受講申込書を紛失したと発表した。

業務の委託先である麻生塾の講師が紛失したもの。所在が不明となっているのは、中国ビジネス講座の受講申込書で、受講生53名分の氏名、住所、電話番号、最終学歴、職歴などが記載されていた。

担当講師が講義進行の参考とするため、同申込書のコピーを会場に携行、その際に紛失したとみられている。同市では、今回の事故について、契約条項に違反する持ち出しとずさんな管理が原因としている。

講義の終了後、ただちに付近を捜索したが見つからず、遺失物届を提出した。同講師より報告を受けた麻生塾では、同市に連絡した。同市は、同委託先関係者と、受講生に対し講義の冒頭で謝罪し、現在の状況および今後の対応について説明したという。欠席者に対しても電話で連絡した。

(Security NEXT - 2005/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MUFGカード利用者を狙ったフィッシング - 「IDを変更した」とだます手口
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
マイナンバーカード取得促進、市区町村の9割実施 - 開庁時間延長も
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校