Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JNSが顧客へメールを誤送信 - 被害者にフィッシングメール届く

外為取引サービスを提供しているジェイ・エヌ・エスは、12月2日にオンライントレードシステムに不具合が発生し、同事態を一部利用者へ案内する際に、他の顧客へ個人情報が漏洩したと発表した。

同社によれば、12月2日にシステムに不具合が発生、同日中に405名の顧客へメールを送付する際、BCCを利用せず、送付先全てを宛先としてしまったため、氏名やユーザーID、メールアドレスなどが他の顧客に確認できる形で送付してしまったという。メールの送信にはOutlookExpressを利用していた。

同社では、関連する顧客に対して謝罪のメールを送付し、問題となったメールの削除を依頼した。さらに、流出情報で同社のオンラインシステムを不正利用できるかチェックし、できないことを確認した上で、顧客へ報告したという。同社では、安全が確認されるまで電話注文を中止するとしている。

しかし事故後に、今回の被害者に対して、同社と類似したウェブサイトへアクセスを促し、メールアドレス変更手続きを促して情報を入力させるフィッシングメールが出回ったという。その後フィッシングサイトを作成した作者は偽装サイトを削除、ウェブ上で謝罪文を掲載している。

(Security NEXT - 2005/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート