Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

11月に発生した顧客情報の紛失事故4件を公表 - 積水ハウス

積水ハウスは、11月に発生した顧客情報の盗難、および紛失事故計4件について発表した。

北陸地方において11月4日に取引先である設備機器メーカーの社員が車上荒らしに遭い、同社の顧客情報1件を含むデータ端末が盗まれた。また16日に近畿地方において、社員が誤って別の顧客に顧客情報を含んだリストを誤って渡したという。顧客45名分の氏名、住所、電話番号が記載されていた。顧客の指摘により判明し、回収した上で顧客に事情を説明したとしている。

また、11月21日には、顧客21名の苗字や電話番号が登録された携帯電話を出勤時に紛失する事故が発生。携帯電話にはパスワードによるロックがかけられていたとしている。さらに26日には、訪問業務の終了後、帰社する途中に立ち寄ったトイレの駐車場で車上荒らしに遭い、当日の訪問先4件が登録されたカーナビが盗まれた。

(Security NEXT - 2005/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「MQX RTOS」にRCEなど複数の脆弱性
NEC、IRMソリューションを機能強化 - 「OneDrive」に対応
凸版印刷、共通鍵暗号方式によるIoT機器向けデータ保護サービス
東邦ガスの会員向けサイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
店舗で金庫持ち去り、現金と顧客情報が被害に - ステーキのどん
メルカリ、初回出品時の個人情報登録を義務化 - 盗品対策で
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加