Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金融庁、システム障害頻発で楽天証券を行政処分

金融庁は、長時間のシステム停止が発生が多数発生していたことを受け、楽天証券に対し行政指導を行った。

同庁によれば、同社はシステムに脆弱性があるにもかかわらず、システムテストを十分に実施せず、新商品を追加した結果10月24日に長時間のシステム停止が発生したという。

同庁では、8月29日にもシステム傷害などが発生した楽天証券に対し、9月20日に原因や再発防止策などの報告を求め、同社では26日に報告書を提出した経緯もあり、今回10月に発生した事故も同様の原因により発生していることから、管理が十分でなかったとして同庁では業務改善命令を行った。

改善命令は、「システムの現状を十分に確認・検討し、新たなシステム障害を防止するために必要な措置を講じること」「システムの安定稼動を早急に確保するとともに、システム障害時の速やかな復旧、及び適切な顧客対応に努めること」「システム障害による長時間のシステム停止が再発したことに係る責任の所在の明確化を図ること」「11月26日に予定されているシステム増強等に関し、実施後の状況を11月30日までに書面で報告するとともに、これを踏まえた適切な対応を行うこと」の4点で、12月15日までに対応状況を報告するよう求めている。

(Security NEXT - 2005/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず