Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

告知通り暗号化送信が行われず謝罪 - 高速道路会社3社

東日本高速道路、中日本高速道路、西日本高速道路の3社は、インターネット上で実施したアンケート調査において、情報送信時に暗号化処理を行うと告知していたが、実際は正しく設定されず、暗号化されていなかったとして謝罪した。

問題となったのは、10月16日より実施している高速道路に関するアンケート調査。データは暗号化されて送信されるとホームページ上で告知していたが、実際はSSLに設定ミスがあり、1万6712名の回答が暗号化されずに送信されていたという。システムは21日に修正されている。

送信されたデータは、回答者の氏名、住所、年齢、車両のナンバープレートなど。3社では、対象となる回答者には早急に連絡して事実報告と謝罪をするとしている。また、個人情報の管理体制を強化して、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も