Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

告知通り暗号化送信が行われず謝罪 - 高速道路会社3社

東日本高速道路、中日本高速道路、西日本高速道路の3社は、インターネット上で実施したアンケート調査において、情報送信時に暗号化処理を行うと告知していたが、実際は正しく設定されず、暗号化されていなかったとして謝罪した。

問題となったのは、10月16日より実施している高速道路に関するアンケート調査。データは暗号化されて送信されるとホームページ上で告知していたが、実際はSSLに設定ミスがあり、1万6712名の回答が暗号化されずに送信されていたという。システムは21日に修正されている。

送信されたデータは、回答者の氏名、住所、年齢、車両のナンバープレートなど。3社では、対象となる回答者には早急に連絡して事実報告と謝罪をするとしている。また、個人情報の管理体制を強化して、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント
「SAP NetWeaver AS Java」に深刻な脆弱性 - 即時対応を
成績含む資料を学生に開示、匿名メールで指摘 - 名古屋市大
テレワークのセキュリティに関する無料相談窓口 - 総務省
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
DigiCertの一部「EV SSL証明書」に不備 - 失効させ再発行
新コロ対策の助成金や補助金など装うフィッシングに警戒を
中古重機の販売サイトで不具合 - 他顧客情報を誤表示
SIEM契約者向けにMicrosoft Defender用独自ダッシュボード - ALSI
行政不服審査請求人の個人情報含むファイルを公開DBに登録 - 新潟県