Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、委託先がフォーラム申込者の個人情報を誤送信

情報処理推進機構は、10月24日に開催される「IPA Forum 2005」の運営委託先のサイトにおいて、同フォーラムへの参加申込者14名の個人情報が誤送信されたと発表した。

同機構によれば、フォーラムの運営事務局を委託しているビッグビートが、ウェブサイトにて参加の申し込みを受け付けて返信する際、14名の氏名、会社名、所属部署名、役職名などを誤送信したという。

同機構では、誤送信の対象となった申込者に対して事実説明と謝罪をするとともに、委託先にも謝罪などの対応策を実施するよう指導した。また、委託先の管理も含め、個人情報の保護を強化して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

施設指定管理者がメルアドリスト持出、リスト宛に誤送信 - 横浜市
F5の「BIG-IP」シリーズに深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
牡蠣の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
2021年1月に「JSAC2021」開催、初の2トラック制 - CFPを開始
DV被害者住所をミスで加害者へ漏洩 - 三鷹市
静岡鉄道のサイトが一時改ざん - 不正サイト誘導のおそれ
「Samba」に4件の脆弱性 - アップデートがリリース
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市