Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、委託先がフォーラム申込者の個人情報を誤送信

情報処理推進機構は、10月24日に開催される「IPA Forum 2005」の運営委託先のサイトにおいて、同フォーラムへの参加申込者14名の個人情報が誤送信されたと発表した。

同機構によれば、フォーラムの運営事務局を委託しているビッグビートが、ウェブサイトにて参加の申し込みを受け付けて返信する際、14名の氏名、会社名、所属部署名、役職名などを誤送信したという。

同機構では、誤送信の対象となった申込者に対して事実説明と謝罪をするとともに、委託先にも謝罪などの対応策を実施するよう指導した。また、委託先の管理も含め、個人情報の保護を強化して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避