Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジェイブック、操作ミスで顧客2383名のメールアドレスを誤送信

インターネット書籍販売のジェイブックは、10月17日にメールマガジンを送信する際、2383名分のメールアドレスを誤って記載した状態で送信したと発表した。

同社によれば、流出したのは顧客2383名の氏名およびメールアドレスなどで、配信件数は3326件。配信する際、作業中の操作ミスにより、メールマガジン本文のデータに配信先情報を上書きして送信してしまったためだという。

同社では、個人情報緊急対策本部を社内に設置し、安全対策や関連業務などの運用体制を強化して再発防止に努めるとしている。これらの対策が実施されるまでは、メールマガジン配信を中止するという。

また、個人情報が流出について判定できるページを用意し、公開している。判定をするにはログインが必要。また、流出の対象となった顧客に対し、今後の対応などについて個別に連絡するとしている。

(Security NEXT - 2005/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント