Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジェイブック、操作ミスで顧客2383名のメールアドレスを誤送信

インターネット書籍販売のジェイブックは、10月17日にメールマガジンを送信する際、2383名分のメールアドレスを誤って記載した状態で送信したと発表した。

同社によれば、流出したのは顧客2383名の氏名およびメールアドレスなどで、配信件数は3326件。配信する際、作業中の操作ミスにより、メールマガジン本文のデータに配信先情報を上書きして送信してしまったためだという。

同社では、個人情報緊急対策本部を社内に設置し、安全対策や関連業務などの運用体制を強化して再発防止に努めるとしている。これらの対策が実施されるまでは、メールマガジン配信を中止するという。

また、個人情報が流出について判定できるページを用意し、公開している。判定をするにはログインが必要。また、流出の対象となった顧客に対し、今後の対応などについて個別に連絡するとしている。

(Security NEXT - 2005/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント
「SAP NetWeaver AS Java」に深刻な脆弱性 - 即時対応を
成績含む資料を学生に開示、匿名メールで指摘 - 名古屋市大
テレワークのセキュリティに関する無料相談窓口 - 総務省
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
DigiCertの一部「EV SSL証明書」に不備 - 失効させ再発行
新コロ対策の助成金や補助金など装うフィッシングに警戒を
中古重機の販売サイトで不具合 - 他顧客情報を誤表示
SIEM契約者向けにMicrosoft Defender用独自ダッシュボード - ALSI
行政不服審査請求人の個人情報含むファイルを公開DBに登録 - 新潟県