Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3種類のウイルス検索エンジン併用を実現した「Webwasher V5.2」

バーテックスリンクは、米CyberGuardが開発した情報漏洩対策ソリューションの最新版、「Webwasher V5.2」を発売した。

同製品は、「URL Filter」「Anti Virus」「Content Protection」「SSL-Scanner」「Anti Spam」といったモジュールを搭載した漏洩対策ソリューション。「Anti Virus V5.2」では、同時に「McAfee」「Sophos」「CA e Trust」のアンチウイルスエンジンを併用が可能で、より高いウイルス検出を実現した。

また、プロアクティブスキャン機能を搭載。ウェブやメールなどをエミュレートし、例外的な動作をする悪質コードの検出が可能で、ウイルスによるゼロデイアタックやスパイウェア、アドウェアをゲートウェイで防ぐことができる。さらに、「URL Filter V5.2」では、スパイウェア、フィッシング、アドウェア、マリシャスモバイルコードなどに特化、URLのフィルタのデータベースについても58から64カテゴリに拡張した。

(Security NEXT - 2005/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NTTコムへの不正アクセス、BYOD端末からも
顧客情報が電車内で盗難被害 - 日神グループHD
網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究
JICA関連サイト、44回の不正アクセス - 入手アカウントでさらなる情報窃取の可能性
産業機器通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
2019年下半期は1953万件の違反投稿に対応 - LINE
「Firefox 78」がリリース - 脆弱性13件を修正 - 保護ダッシュボードの機能強化も
アカウント情報の漏洩検知サービスを機能強化 - ソースポッド
5月のDDoS攻撃、件数は減少するも攻撃規模は拡大 - IIJレポート
2019年下半期の捜査機関開示要請は1684件、78%に対応 - LINE