Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3種類のウイルス検索エンジン併用を実現した「Webwasher V5.2」

バーテックスリンクは、米CyberGuardが開発した情報漏洩対策ソリューションの最新版、「Webwasher V5.2」を発売した。

同製品は、「URL Filter」「Anti Virus」「Content Protection」「SSL-Scanner」「Anti Spam」といったモジュールを搭載した漏洩対策ソリューション。「Anti Virus V5.2」では、同時に「McAfee」「Sophos」「CA e Trust」のアンチウイルスエンジンを併用が可能で、より高いウイルス検出を実現した。

また、プロアクティブスキャン機能を搭載。ウェブやメールなどをエミュレートし、例外的な動作をする悪質コードの検出が可能で、ウイルスによるゼロデイアタックやスパイウェア、アドウェアをゲートウェイで防ぐことができる。さらに、「URL Filter V5.2」では、スパイウェア、フィッシング、アドウェア、マリシャスモバイルコードなどに特化、URLのフィルタのデータベースについても58から64カテゴリに拡張した。

(Security NEXT - 2005/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ハイブリッド環境対応の上位版MSSを開始 - テクマトリックス
ウェブフィルタリング製品に新版、クラウドサービスも- キヤノンMJ
ネット上行動、親子で定期的に話す15% - グローバルと大きな差
叙勲候補者の個人情報をメール誤送信 - 愛知県
ブロッコリー通販サイトでアクセス障害 - ツールによる大量アクセスで
コピー書類のマスキングを支援、複合機用アプリ - リコー
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
患者書類を車両屋根に置いたまま移動して紛失 - 茨城県西部メディカルセンター
メール送信先ドメインの綴りにミス、ボランティア名簿が流出 - 宮城県
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ