Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

楽天KC、最大5518件の個人情報が流出した可能性 - カード番号や利用内容も

楽天KCは、旧国内信販時代の顧客情報が流出したと発表した。

同社によれば、同社東京支店の管理する2004年5月から10月までの情報で、現在1186件の流出が確認されており、最大5518件が流出した可能性があるという。顧客リストを拾得したとの連絡が入り、回収した結果流出が明らかになったという。

流出した個人情報は、氏名、電話番号、クレジットカード番号、契約日、契約形態、支払い方法、振替口座、利用残高、支払回数、支払内容、利用店名など。

同社では、警察へ相談するとともに、情報の不正利用について調査を進めている。また、各支店に保管されている同資料を12日にすべて破棄し、今後の配布について中止を決定した。

さらに、流出した可能性がある5518件のうち、正常クレジットカード会員である420件は、カードの切替えを実施する。該当顧客に対して、事情を説明し、謝罪するほか、不正取引については全額補償するとしている。

(Security NEXT - 2005/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数の日系自動車関連企業にサイバー攻撃 - ベトナムのグループ関与か
顧客宛ての送付書類に電話番号を誤記載 - 大阪市水道局
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
海賊版サイトへのアクセス抑止で意見募集 - 総務省
「Apache httpd」脆弱性に悪用コード - 共有ホスティングサーバなどに影響
サプライチェーンのセキュリティでシンポジウム - IPA
2019年1Q、脆弱性の届出は122件 - ソフト関連倍増