Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、情報漏洩対策としてAntinnyワームの駆除ツールを提供

マイクロソフトは、PC内の情報を漏洩するワーム「Antinny」の駆除ツールを提供開始した。

同ワームは、感染したコンピュータ内に保存されている個人情報などを、P2Pファイル交換ソフトを経由してネットワーク上に流出させる。この感染活動により、企業や組織が保有する個人情報や機密情報などが流出する事件が頻発。漏洩やネットワークへの負荷など、Telecom-ISAC Japanから今後の事態について説明を受け、さらに対応への協力要請を受けたことから、同社では駆除ツールの提供を決定したという。

同ツールは、セキュリティ更新プログラムと同時に毎月定期的に提供される「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」の1つとして提供される。Microsoft Update、Windows Update、ダウンロードセンター、および同社のウェブページからダウンロードできる。

(Security NEXT - 2005/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町