Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、情報漏洩対策としてAntinnyワームの駆除ツールを提供

マイクロソフトは、PC内の情報を漏洩するワーム「Antinny」の駆除ツールを提供開始した。

同ワームは、感染したコンピュータ内に保存されている個人情報などを、P2Pファイル交換ソフトを経由してネットワーク上に流出させる。この感染活動により、企業や組織が保有する個人情報や機密情報などが流出する事件が頻発。漏洩やネットワークへの負荷など、Telecom-ISAC Japanから今後の事態について説明を受け、さらに対応への協力要請を受けたことから、同社では駆除ツールの提供を決定したという。

同ツールは、セキュリティ更新プログラムと同時に毎月定期的に提供される「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」の1つとして提供される。Microsoft Update、Windows Update、ダウンロードセンター、および同社のウェブページからダウンロードできる。

(Security NEXT - 2005/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
2020年度「CYDER」の受講申込が受付開始 - NICT
公印を紛失、リースアップ複写機とともに廃棄か - 川崎市
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
NTTコムへの不正アクセス、BYOD端末からも
顧客情報が電車内で盗難被害 - 日神グループHD
網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究