Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

福邦銀行、顧客情報を記録したCD-ROMを紛失

福邦銀行は、京都支店において、顧客情報4256件が記録されたCD-ROM1枚の紛失が判明したと発表した。

同行によれば、所在不明となっているCD-ROMには、1998年4月から同年9月までの情報が記録されており、同支店の顧客4256名分の氏名、住所、電話番号、口座番号、預金残高などの個人情報が記録されていた。同CD-ROMには、パスワードおよび暗号化によるデータ保護の措置が取られていたという。

同行の調査によれば、紛失した時期は2005年8月初旬ごろで、内部で誤って廃棄した可能性が高いという。同行では、顧客からの問い合わせ窓口を設置するとともに、顧客情報の管理体制を見直して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NTTコムへの不正アクセス、BYOD端末からも
顧客情報が電車内で盗難被害 - 日神グループHD
網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究
JICA関連サイト、44回の不正アクセス - 入手アカウントでさらなる情報窃取の可能性
産業機器通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
2019年下半期は1953万件の違反投稿に対応 - LINE
「Firefox 78」がリリース - 脆弱性13件を修正 - 保護ダッシュボードの機能強化も
アカウント情報の漏洩検知サービスを機能強化 - ソースポッド
5月のDDoS攻撃、件数は減少するも攻撃規模は拡大 - IIJレポート
2019年下半期の捜査機関開示要請は1684件、78%に対応 - LINE