Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱UFJ証券、パスワードや口座番号記載の通知書を誤送付

三菱UFJ証券は、10月1日に三菱証券とUFJつばさ証券が合併したことに伴い、合併前の旧UFJつばさ証券の一部顧客宛てに新しいパスワードの通知書を郵送したが、その際に誤った住所へ送付する事故が発生したと発表した。

同社によれば、誤送付された通知書には氏名、パスワード、口座番号などの顧客情報が含まれており、3152名分の通知書が誤った住所へ送付された。その多くは住所が異なるとして同社に返却されたものの、810名の通知書がそのまま誤った住所へ送付された可能性がある。さらにそのうち69名が受け取っていることも判明している。

同社では、送付したパスワードを無効とする措置をすでに取ったという。また、窓口を設置して顧客からの問い合わせに応じるとともに、顧客情報の管理をさらに徹底して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

施設指定管理者がメルアドリスト持出、リスト宛に誤送信 - 横浜市
F5の「BIG-IP」シリーズに深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
牡蠣の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
2021年1月に「JSAC2021」開催、初の2トラック制 - CFPを開始
DV被害者住所をミスで加害者へ漏洩 - 三鷹市
静岡鉄道のサイトが一時改ざん - 不正サイト誘導のおそれ
「Samba」に4件の脆弱性 - アップデートがリリース
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市