Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱UFJ証券、パスワードや口座番号記載の通知書を誤送付

三菱UFJ証券は、10月1日に三菱証券とUFJつばさ証券が合併したことに伴い、合併前の旧UFJつばさ証券の一部顧客宛てに新しいパスワードの通知書を郵送したが、その際に誤った住所へ送付する事故が発生したと発表した。

同社によれば、誤送付された通知書には氏名、パスワード、口座番号などの顧客情報が含まれており、3152名分の通知書が誤った住所へ送付された。その多くは住所が異なるとして同社に返却されたものの、810名の通知書がそのまま誤った住所へ送付された可能性がある。さらにそのうち69名が受け取っていることも判明している。

同社では、送付したパスワードを無効とする措置をすでに取ったという。また、窓口を設置して顧客からの問い合わせに応じるとともに、顧客情報の管理をさらに徹底して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も