Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱UFJ証券、パスワードや口座番号記載の通知書を誤送付

三菱UFJ証券は、10月1日に三菱証券とUFJつばさ証券が合併したことに伴い、合併前の旧UFJつばさ証券の一部顧客宛てに新しいパスワードの通知書を郵送したが、その際に誤った住所へ送付する事故が発生したと発表した。

同社によれば、誤送付された通知書には氏名、パスワード、口座番号などの顧客情報が含まれており、3152名分の通知書が誤った住所へ送付された。その多くは住所が異なるとして同社に返却されたものの、810名の通知書がそのまま誤った住所へ送付された可能性がある。さらにそのうち69名が受け取っていることも判明している。

同社では、送付したパスワードを無効とする措置をすでに取ったという。また、窓口を設置して顧客からの問い合わせに応じるとともに、顧客情報の管理をさらに徹底して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

即売CDの予約票控えを紛失、配送できない状態に - ローソン子会社
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD