Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、セキュリティソフト「ノートン・シリーズ」の2006年版を発売

シマンテックは、個人およびSOHO向けインターネットセキュリティソフトウェア「ノートン・インターネットセキュリティ2006」を、2005年10月14日より発売する。

同製品は、個人ユーザー向けの総合セキュリティソフト。新バージョンでは、スパイウェア対策が強化された。スパイウェアの侵入時点で検出するリアルタイム検出機能により、被害を未然に防ぐことができる。また、スパイウェアのリスクごとに検出可能で、高リスクのものが見つかった場合には、ただちに自動修復と検疫が実行されるが、低リスクと判断された場合には、ユーザーに警告する。

また、ユーザーが認識しておくべき情報を集約して一元表示する機能「ノートン・プロテクションセンター」が追加された。同機能により、PC操作と、セキュリティ対策との関連を理解することができる。また、ブラウザの不十分なセキュリティ設定や盗まれやすいパスワード、不必要なサービスなどのリスク要因を監視する「セキュリティインスペクタ」機能もあらたに搭載。

同社では、各機能に特化した「ノートン・アンチウイルス2006」および「ノートン・パーソナルファイアウォール2006」についても同時に発売する予定。

価格は、標準パッケージが8925円、2ユーザーパッケージが1万4490円。「ノートン・アンチウイルス 2006」標準パッケージおよび「ノートン・パーソナルファイアウォール 2006」標準パッケージは、いずれも7140円。

(Security NEXT - 2005/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
JNSA、セキュリティ事業者の適正な事業遂行で検討会
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン