Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

緊急出動中に車上荒らし被害、個人情報を一時紛失 - 関東電気保安協会

関東電気保安協会は、9月20日に東京東事業本部江戸川事業所において業務用車両が車上荒らしに遭い、個人情報が含まれたパソコンおよび書類を紛失したと発表した。

同協会によれば、緊急出動の要請を受けた検査員が点検などの対応をしている間に、近くの駐車場に駐車中だった業務用車両のドア鍵が壊され、鞄や書類ケースなどが盗まれたという。

盗難物にはノートパソコンや顧客59件分の保安管理業務引継書などが含まれており、事業所名称、所在地、電話番号、連絡責任者氏名などの個人情報が記載されていた。翌21日に周辺を捜索したところ、マンションのゴミ集積所で書類ケースが発見され、書類も全て揃っていることが確認されている。

パソコンは9月27日時点では発見されていない。同協会では、該当する顧客に対して個別に訪問して事実説明および謝罪をするとともに、個人情報の適正管理をさらに徹底して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
2018年春期の情報セキュマネ試験、合格率は53.7% - 非IT系は64.6%
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力