Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

韓流セキュリティソフトの最新版「V3 ウイルスブロック 2006 インターネットセキュリティ」

インターチャネルは、コンシューマー向け総合セキュリティソフト「V3 ウイルスブロック 2006 インターネットセキュリティ」シリーズを10月7日より発売する。

同製品は、韓AhnLabが開発したセキュリティソフトウェアで、韓国市場においてセキュリティソフトシェア65%を占めるという。独自のセキュリティ技術「特定位置判別法」を採用。プログラムは軽量、省メモリ設計を実現している。

今回のバージョンアップでは、従来の「ウイルス駆除」「パーソナルファイアウォール」「個人情報保護」「迷惑メール対策」に加えて、暗号化と完全消去で重要データを守る「データ保護機能」やインターネット接続設定とメモリを最適化する「システム最適化機能」、新型ウイルスの情報をすばやく表示する「緊急ウイルス情報」といった新機能を盛り込んだ。

同社では、シングルユーザー向けの製品にくわえ、2ユーザーパック、5ユーザーパックのほか、今回の発売に合わせて、6月に発売したスパイウェア駆除専用ソフト「スパイゼロ 2006」とのセット製品「スパイゼロ & ウイルスブロック 安心セキュリティセット 2006」を用意した。

(Security NEXT - 2005/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も