Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本コンピューター・システム、顧客情報入りパソコンを紛失

日本コンピューター・システム(NCS)は、顧客情報が記録されたノートパソコンや外付けハードディスクなどを紛失したと発表した。

同社所有のノートパソコン1台、および、同社子会社であるエヌシーエステクノロジー(N-TEC)のノートパソコンおよび外付けハードディスクを帰宅途中に紛失したもの。エヌシーエステクノロジー所有機来の一部に顧客の氏名を推定できるメールアドレス63件とシステム開発および保守用の顧客情報などが含まれていたが、パスワードで保護されているという。

関連する顧客に対しては、同社グループより謝罪し今後の対応について説明するとしている。また、警察や弁護士に相談した上で機器の探索を続ける予定。

(Security NEXT - 2005/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

成績含む資料を学生に開示、匿名メールで指摘 - 名古屋市大
テレワークのセキュリティに関する無料相談窓口 - 総務省
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
DigiCertの一部「EV SSL証明書」に不備 - 失効させ再発行
新コロ対策の助成金や補助金など装うフィッシングに警戒を
中古重機の販売サイトで不具合 - 他顧客情報を誤表示
SIEM契約者向けにMicrosoft Defender用独自ダッシュボード - ALSI
行政不服審査請求人の個人情報含むファイルを公開DBに登録 - 新潟県
野球場予約システムが休止、不正ログイン試行で - 川崎市
2019年のシンクライアント端末市場、前年比53.6%増