Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「NOD32アンチウイルス」の最新版ではスパイウェアに対応

キヤノンシステムソリューションズは、セキュリティソフト「NOD32アンチウイルス」の最新版「同V2.5」を9月16日に発売する。

同製品では、EsetのThreatSense機能を搭載しており、アドバンスドヒューリスティックテクノロジーにより悪意あるソフトウェアを分析、発見するため、従来の定義ファイルでは検索できないウイルスがソフトウェアを検出できるとしている。

最新版では、スパイウェア検出機能を搭載したほか、 早期警告システム「ThreatSense.NET」による、マルウェアの検出状況を世界規模で監視、ユーザーへ警告する。

(Security NEXT - 2005/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「パスワード 1個ばれたら 俺終わる」啓発コンテストの受賞作発表 - マカフィー
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集