Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

差出人のアドレスを秘匿化して漏洩を防ぐ- インプルーブ

インプルーブテクノロジーズは、メールの差出人アドレスを自動的に別の文字列へ変換して、内部からのアドレス漏洩を防ぐアプライアンスサーバ「Privacy Mail Exchanger」を発売する。

同製品は、企業代表のメールアドレスやサポートセンターのアドレスに対して届いたメールの差出人、および本文中に含まれるメールアドレスを自動的に秘匿化して漏洩を防ぐもの。オペレーターが返信を行う際には自動的に宛先メールアドレスを復元し、送信することができる。

アドレスは、対応表によって別の文字列に変換されたプライバシーメールアドレスとなって宛先に転送される。秘匿化されたアドレスが万が一漏洩した場合でも、対応表を消去することで無効化し、実際のアドレスを守ることができる。

(Security NEXT - 2005/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「パスワード 1個ばれたら 俺終わる」啓発コンテストの受賞作発表 - マカフィー
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集