Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中部電力、顧客情報記載の資料が車上荒らし被害に

中部電力は、8月17日に三重支店において、樹木伐採業務を委託しているニッタイの車両が車上荒らしに遭い、15名分の顧客情報が記載された資料を紛失したと発表した。

同社によれば、被害に遭ったのは配電線に接近する樹木および所有者を管理する「配電・通信関係樹木接近管理カード」12枚で、顧客15名分の氏名、住所、電話番号などが記載されていた。付近を捜索したが見つからなかったため、警察に被害届を提出したという。

同社では、該当する顧客に対し個別に訪問して事実説明と謝罪をするとともに、委託先および全従業員に対して、個人情報の適正管理と防犯対策を徹底して、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
2020年度「CYDER」の受講申込が受付開始 - NICT
公印を紛失、リースアップ複写機とともに廃棄か - 川崎市
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
NTTコムへの不正アクセス、BYOD端末からも
顧客情報が電車内で盗難被害 - 日神グループHD
網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究