Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、7月のトップ10ウイルスを発表 - 「Mytob」の亜種が37%

ソフォスは、2005年7月におけるコンピュータウイルスの報告数をまとめ、「トップ10ウイルス」として発表した。

同発表によれば、7月は「Netsky-P」が1位の座に復活したものの、全体としては「Mytob」ワームの亜種が7種類トップ10入りし、報告数の37%以上を占めるなど、依然として広くまん延している。そのほとんどはメールを通してネットワークを攻撃し、外部からの侵入を可能にする悪意のあるコードが含まれているものも多い。

また新しい亜種の中には、ユーザーをフィッシングサイトへ誘導しようとするものもある。同社では、ウイルス対策ソフトを導入し、ファイアウォールとセキュリティポリシーを正しくアップデートするよう求めている。

同社では、7月に1380件の新規ウイルスを検知、駆除対応した。同社の統計では、7月に使用されたメールのうち2.1%がウイルスメールで、これは先月に比べて若干増えているという。

同社が発表したトップ10は以下の通り。

W32/Netsky-P
W32/Mytob-AS
W32/Mytob-BE
W32/Mytob-EP
W32/Zafi-D
W32/Mytob-CX
W32/Netsky-D
W32/Mytob-CJ
W32/Mytob-CN
W32/Mytob-AT

(Security NEXT - 2005/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず