Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ACCS、個人情報漏洩事件で元研究員と和解

コンピュータソフトウェア著作権協会は、同協会ウェブサイトより個人情報が流出した事件で、個人情報を不正に入手した元国立大学研究員との民事訴訟について和解が成立したと発表した。

同事件は、同協会のホームページの不備を尽き、同研究員が個人情報などを入手。セキュリティイベントでアクセス方法や個人情報を公開したもの。刑事訴訟では、不正アクセス禁止法違反で有罪判決確定している。ACCSと個人3名が民事訴訟を提起していた。

ACCSによれば、元国立大学研究員が損害賠償を認め、謝罪文を提出することに合意することで和解したという。同研究員のACCSに対する謝罪文は、7月25日から1カ月間、ホームページ上で公開するという。

(Security NEXT - 2005/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

育児出産情報サイトにPWリスト攻撃 - ポイント不正交換か
ランサムに感染、データ損害は確認されず - シミックグループ
GPU「Radeon」のドライバに脆弱性 - 特定環境下でコード実行のおそれ
ネットストアに不正アクセス、クレカ情報流出 - 日本関税協会
ネットサービスの多要素認証、設定手順を解説 - IPA
VMwareの「ESXi」「vCenter」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
委託元の顧客情報を別の委託元へメール誤送信 - 埼玉の保険代理店
個情委、JapanTaxiに再度指導 - 4カ月間改善なく
アプリ「JapanTaxi」、取得した位置情報を削除 - 同意不十分で広告利用
県立高校で生徒個人情報含むUSBメモリを紛失 - 静岡県