Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ACCS、個人情報漏洩事件で元研究員と和解

コンピュータソフトウェア著作権協会は、同協会ウェブサイトより個人情報が流出した事件で、個人情報を不正に入手した元国立大学研究員との民事訴訟について和解が成立したと発表した。

同事件は、同協会のホームページの不備を尽き、同研究員が個人情報などを入手。セキュリティイベントでアクセス方法や個人情報を公開したもの。刑事訴訟では、不正アクセス禁止法違反で有罪判決確定している。ACCSと個人3名が民事訴訟を提起していた。

ACCSによれば、元国立大学研究員が損害賠償を認め、謝罪文を提出することに合意することで和解したという。同研究員のACCSに対する謝罪文は、7月25日から1カ月間、ホームページ上で公開するという。

(Security NEXT - 2005/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

AIの最新動向を解説した「AI白書2020」 - IPA
受験生に対するメールで送信ミス、メアド流出 - 琉球大
顧客情報含むUSBメモリを一時紛失 - セントラル警備保障
公的機関の新型コロナ注意喚起に見せかけた偽メールに注意
4月開催「Interop Tokyo 2020」が中止に - コロナ状況の見通し立たず
患者情報の誤送信で医師を懲戒処分 - 横浜市立大病院
がん患者情報を誤送信、煩雑さ避けるため個人情報記載 - 横浜市立大病院
4000人超で不正ログイン被害が発生 - LINE
【追記あり】JSSEC、「セキュリティフォーラム2020」を3月に開催
JSSECら、新型コロナ対応で3月開催イベントを自粛