Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

阪神航空、添乗員が顧客情報をツアー中に紛失

阪神電気鉄道は、同社航空営業部である阪神航空が2005年4月に実施したイタリア旅行の際、添乗員が盗難に遭い、参加者ら18名分の個人情報が記載された書類を紛失したと発表した。

同社によれば、イタリアを訪問するツアーを催行中、添乗員が鞄を盗まれたという。その中には、参加者および添乗員計18名分の氏名、生年月日、パスポート番号、電話番号、住所などの個人情報が記載された書類が入っていた。ただちにイタリア警察に盗難届を提出したが、7月19日時点では発見されていない。

同社では、参加者全員に口頭で現状況と事後対応について説明するとともに、書面により、不正使用の懸念事象が発生した際の連絡先を知らせたうえで謝罪した。また、ツアー催行中の個人情報の携行方法について規定して、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
黒大豆の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
償還予定表など顧客情報含む書類が所在不明に - 住宅金融支援機構
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
地方でより深刻なセキュリティ人材不足 - 育成方策でパブコメ
2020年11月サポート終了の「CentOS 6」向けに独自パッチサービス
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供