Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

監査法人が監査先の情報が記録されたパソコンを紛失

新日本監査法人は、パソコンの盗難被害により、監査先より預かった情報や顧客情報を紛失したと発表した。

同法人によれば、5月31日に同法人職員が翌朝の勤務に携帯するため自宅へパソコンを持ち帰り、その際に空き巣被害に遭い、パソコンを紛失したという。同法人では、その直後に警察へ被害届を提出。しかし、7月8日の時点で発見されていないという。

盗難されたパソコンには、パスワードの設定やハードディスク全体の暗号化など、多段階のセキュリティ対策を講じていたとし、同法人では、漏洩の可能性は低いと結論づけている。

パソコンには、みずほ銀行やみずほ証券をはじめ、第一勧業信用組合、青和信用組合、大東文化学園など、監査関与先の情報や、監査関与先より入手した顧客情報3317件の情報が記録されていた。そのうち1335件は個人情報だったという。

同法人では、監査関与先へ事情を説明し、監査関与先の顧客には、監査関与先と協力し、個別に連絡するとしている。

(Security NEXT - 2005/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト