Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

監査法人が監査先の情報が記録されたパソコンを紛失

新日本監査法人は、パソコンの盗難被害により、監査先より預かった情報や顧客情報を紛失したと発表した。

同法人によれば、5月31日に同法人職員が翌朝の勤務に携帯するため自宅へパソコンを持ち帰り、その際に空き巣被害に遭い、パソコンを紛失したという。同法人では、その直後に警察へ被害届を提出。しかし、7月8日の時点で発見されていないという。

盗難されたパソコンには、パスワードの設定やハードディスク全体の暗号化など、多段階のセキュリティ対策を講じていたとし、同法人では、漏洩の可能性は低いと結論づけている。

パソコンには、みずほ銀行やみずほ証券をはじめ、第一勧業信用組合、青和信用組合、大東文化学園など、監査関与先の情報や、監査関与先より入手した顧客情報3317件の情報が記録されていた。そのうち1335件は個人情報だったという。

同法人では、監査関与先へ事情を説明し、監査関与先の顧客には、監査関与先と協力し、個別に連絡するとしている。

(Security NEXT - 2005/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
個人データからライフスタイルを提案する実証実験 - 富士通と電通
代表メールに不正アクセス、スパムの踏み台に - 札幌国際プラザ