Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

配布ソフトにトロイの木馬が紛れ込む - ベクターが公開を中止

ベクターは、同社の運営するソフトウェア提供サイト「Vector」で配布していた音声ファイル変換ソフト「Vocal Cancel」が、トレンドマイクロのウイルスチェックにより、トロイの木馬「TROJ_HIROFU.A」であることが判明したと発表した。現在、同ソフトの公開を中止している。

同ソフトは、音楽ファイルからボーカルを消し、カラオケに変換するもの。「Vocal Cancel 5.05」は、セキュリティベンダーが「トロイの木馬」と認定、対応パターンファイルが配布されている。しかし、公開当時である2002年11月1日では、ウイルスチェックにより発見できなかったという。

今回、利用者から同ソフトはトロイの木馬ではないかとの指摘を受けて発覚。最新のパターンでチェックを行ったところ、トロイの木馬であることが判明したため、7月1日に公開を中止した。その後同ソフトの作者から「トロイの木馬を意図的に実装した」という内容の回答を得たため、同作者の全てのソフトを一時的に公開停止することにした。

同社では、同トロイの木馬を実行してレジストリが改変されてしまった場合は、レジストリキーおよび自動起動設定を削除するよう求めている。

(Security NEXT - 2005/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報の匿名加工情報を作成ソフトに新版 - NTT-TX
入退管理システムのセキュリティ要件でチェックリスト - IPA
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化