Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

配布ソフトにトロイの木馬が紛れ込む - ベクターが公開を中止

ベクターは、同社の運営するソフトウェア提供サイト「Vector」で配布していた音声ファイル変換ソフト「Vocal Cancel」が、トレンドマイクロのウイルスチェックにより、トロイの木馬「TROJ_HIROFU.A」であることが判明したと発表した。現在、同ソフトの公開を中止している。

同ソフトは、音楽ファイルからボーカルを消し、カラオケに変換するもの。「Vocal Cancel 5.05」は、セキュリティベンダーが「トロイの木馬」と認定、対応パターンファイルが配布されている。しかし、公開当時である2002年11月1日では、ウイルスチェックにより発見できなかったという。

今回、利用者から同ソフトはトロイの木馬ではないかとの指摘を受けて発覚。最新のパターンでチェックを行ったところ、トロイの木馬であることが判明したため、7月1日に公開を中止した。その後同ソフトの作者から「トロイの木馬を意図的に実装した」という内容の回答を得たため、同作者の全てのソフトを一時的に公開停止することにした。

同社では、同トロイの木馬を実行してレジストリが改変されてしまった場合は、レジストリキーおよび自動起動設定を削除するよう求めている。

(Security NEXT - 2005/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず