Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5万2000名分の個人情報を紛失 - 関西アーバン銀行

関西アーバン銀行は、個人情報が記録されたコムフィッシュや資料の保管状況を調査したところ、約5万2000名分の個人情報を紛失していたことが判明したと発表した。

同行によれば、16店において紛失していた。約5万2000名のうち約2万7000名は持出手形の明細で光磁気ディスクに記録されていた。同行では専用のソフトがないと内容を見ることはできないとしている。

紛失した顧客情報には、氏名、住所、取引日、口座番号、入払振込明細、預金残高、口座開設日など個人情報が含まれていた。同行では、不正持出の可能性は低いと結論づけている。

同行では、該当する顧客に対し、事態報告を兼ねた謝罪状を送付する予定。

(Security NEXT - 2005/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コンタクト販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」