Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富山第一銀、3685件の顧客情報が記載された書類を紛失

富山第一銀行は、6月8日に、投資信託の利用顧客3685件分の個人情報が記載された書類の紛失が判明したと発表した。

同行によれば、紛失したのは投資信託取引における2004年10月分の顧客勘定元帳と有価証券明細簿で、投資信託の取り引きをしている顧客3685件分の取引銀行名、氏名、銘柄名、数量、残高、支払額、入金額といった取引内容を含む個人情報が記載されていた。

同行の調査によれば、紛失した書類は2004年11月17日に行内で誤って廃棄焼却した可能性が高いという。同行では、該当する顧客に対して事実説明と謝罪を行うとともに、再発防止に向けて、顧客情報を含む書類の保管および管理における行内体制の見直しを行い、チェック態勢の再徹底を図るとしている。

(Security NEXT - 2005/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT