Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5月は不正アクセスが倍増 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、2005年5月のコンピュータウイルスおよび不正アクセスの届出状況を発表した。

同発表によれば、5月の届出件数は5021件となり、5000件を超える届出が寄せられたのは、2004年11月以来6カ月ぶりとなった。また、ウイルスの検出数は約355万個と、4月の約338万個から5.3%の増加となった。

そのうち「W32/Netsky」は1128件の届出が寄せられ、15カ月連続でトップとなった。検出数は約289万個と、4月の約308万個から6.2%減少したものの、総検出数の約8割を占めるなど、依然として強い勢力を保っている。

また、「W32/Mytob」の届出件数は584件で4月の約2倍、検出数は約45万個で5倍に増加した。いずれのウイルスも、コンピュータへの外部からの侵入を可能にするバックドアを仕掛ける機能を持っているため、感染するとパソコン内の情報が盗まれる危険性が高い。ウイルス対策ソフトとWindows Updateを最新の状態にし、不審な添付ファイルは開かないなどの対策が必要だとしている。

不正アクセスの届出件数は94件で、4月の48件と比較してほぼ倍増となった。そのうち被害の届出は11件で、内訳は侵入10件、DoS1件だった。侵入10件のうち、サーバに侵入されコンテンツを改ざんされたのが7件で、そのうち、ホームページを閲覧しただけでウイルスに感染する仕組みを埋め込まれた事例が1件、フィッシング詐欺に悪用するための偽コンテンツを設置された事例が3件あった。

(Security NEXT - 2005/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも