Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業における個人情報対策は増加しつつも6割に達せず - 総務省調査

総務省は、2004年末時点における事業者や一般家庭の通信利用動向をまとめた「通信利用動向調査」を発表した。

同調査によれば、インターネット利用者数は昨年から218万人増加し、7948万人で国内人口の62.3%に上った。世帯におけるパソコンからのインターネットの接続方法として、ブロードバンド回線の接続増加が62.0%と目立ち、ダイヤルアップ接続は減少傾向にある。

50歳以上のシニア層においてインターネット利用率の伸びているが、年収や性別年の規模などにより利用格差が生まれていることもわかった。また、個人情報保護への関心も高まっており、2人に1人は何らかの個人情報保護対策を行っているという。対策内容は、「web上に個人情報を記載しない」が33.9%でトップだった。

企業における個人情報保護対策は、対前年比16.6ポイント増で56.5%。大きく増加しているが、未対策の事業者も依然多いことが明らかとなった。対策内容は、「社内教育の充実」が最も多く、30.9%。「個人情報保護管理責任者の設置」が23.4%と続いた。

(Security NEXT - 2005/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町
常時SSL化に向けてメモリ消費を抑える技術、IEEEで発表 - ペパボ研
メール誤送信で経済団体や有識者のメアドが流出 - 公取委
観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ
アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始
米政府、北朝鮮政府関与のトロイの木馬「TYPEFRAME」を警告 - 米朝対話の裏で駆け引き
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
リスト用いたなりすましの会員登録申請が発生 - フフルル
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大