Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

湯沢市民の個人情報が流出 - P2Pソフト経由のウイルス感染が原因

秋田県湯沢市において市民の個人情報がP2Pソフトウェア「Winny」を通じてウイルスに感染し、個人情報が流出していたことが15日にわかった。

同市は3月に旧湯沢市、旧稲川町、旧雄勝町、旧皆瀬村が合併して誕生したが、1月に行われた合併に関するアンケートが流出したもので、旧湯沢市の1万1255人の氏名、住所、性別、生年月日や同市職員の個人情報が記録されていた。

データを管理する職員が公用パソコンへファイル交換ソフト「Winny」をインストールし、同ソフト経由によりウイルスに感染。その結果流出してしまったという。

(Security NEXT - 2005/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース