Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警察庁、TCP 5662番ポートへのアクセス増加に注意喚起

警察庁は、TCP 5662番ポートに対するアクセスが増加しているとして注意を呼びかけている。

警察庁によれば、4月8日22時以降、おもにフランス国内の不特定IPアドレスを発信元として、観測点に対するTCP5662番ポートへのアクセスの増加を検知した。アクセスの増加原因は不明だという。

(Security NEXT - 2005/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アーティストグッズ通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面へ誘導
「Cisco PI」「Cisco EPNM」の「REST API」に深刻な脆弱性
CMSの「Movable Type」にオープンリダイレクトの脆弱性
ドコモを装うスミッシング - ID情報や銀行口座情報を多段階に詐取
児童の個人情報含む資料を誤って送信 - 新潟県
契約者情報が委託先から漏洩、委託先社長が窃盗罪で起訴 - NHK
アルペンにPWリスト攻撃 - 攻撃者は複数店舗でポイント使用
ローソン、サイトやアプリを再開 - 情報流出など確認されず
「Zendesk」の一部顧客情報が流出 - 外部の指摘で判明
従業員による個人情報売却、国内顧客に影響なし - トレンドマイクロ